卸売業を深く知るためのサイト

-  |  次の3件 »

コスモス薬品(3349)の2018年5月期第2四半期決算

九州のドラッグストア、コスモス薬品(3349)の株価が2018年5月期第2四半期決算の公表を受けて大幅に下落した。それにつられて他のドラッグストア株も下落している。ここではコスモス薬品の業績の悪化要因と今後の同社を含めてドラッグストア株の行方につて考察する。

同社の2018年5月期第2四半期累計決算は期初計画の9.5%増収、5.7%営業減益に対して、9.6%増収、13.4%営業減益となった。そして、この第2四半期決算の減額修正を受けて、通期計画を期初予想の9.4%増収、0.3%営業増益から9.9%増収、10.1%営業減益予想と利益面を減額修正している。その結果、株価は1日で17.6%と大幅に低下し、同社株につられて他のドラッグストア株も下落した。他の銘柄は、ツルハ(3391)-4.47%、ウエルシア(3141)-5.16%、サンドラッグ(9989)-5.09%、クスリのアオキ(3549)-4.5%などである。

20180114-1.jpg

ただし、同社の不調と他のドラッグストアの状況はかなり異なる。同社はドラッグストア内ではかなり異質で、食品ウエイトが同社のように50%を超えるドラッグストアはほかにない。同社はこれまで食品の安売りでキャッシュを稼ぎ、出店を加速して成長してきた。しかし、すでに食品売上は50%を超えており、最近は過去のように食品売上を増やして成長するのが難しくなっていた。

実際問題、他のドラッグストアと比較するとこの1年ほど既存店伸び率が大幅に低下していた。図は同じく食品を強化しているウエルシア(3141)、クスリのアオキ(3549)と同社の既存店を比較したものであるであるが、2016年は似たような既存店伸び率にあったが、2017年には急速に伸び率が低下していた。

20180114-2.jpg

当ブログでは日本では安売りを標榜する企業は、モデルがシンプルであるため、ある時期までは急成長しやすいが、ディスカウントには成長限界があると考えている。安売りを前面に出す企業には、価格で引き付けられる消費者がやってくるため、顧客のロイヤリティが低いためと考えている。

この10年ほど目立ったディスカウンターとして、大黒天物産、バロー、オーケーなどがあるが、それらの企業の収益はここ数年完全に頭打ちであり、同社もやがてはその仲間に入るのではないかと考えてきた。実際同社にしても2013/5期までは継続的に二ケタの利益成長を遂げたが、その後の3期間は1ケタ台で、前期に久々に二ケタに乗せたが、過去の勢いはすでになかったと言えよう。

よって、今回同社の業績悪化を背景にドラッグストア株が軒並み売られたが、依然既存店が好調であるウエルシア、クスリのアオキと言った企業は再び株価に勢いを取り戻すのではないかと考えている。

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。
株式関連記事目次

ブログランキングに参加しています。この記事が役に立ったと思った場合は、下のランキングバナーをクリックしてください。


その他サービス業 ブログランキングへ

【無料レポート差し上げます】
これらのレポートは、株価だけを見て、株の売り買いをして、儲かると思っている永遠の負け組の人たちに、株の本当の意味を教えてくれるレポートです。

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「ブランド菓子のビジネスで急成長の寿スピリッツ(2222)」

「当面の相場見通しと今投資すべき銘柄201609」

「受注急拡大の日特エンジニアリング(6145)」

「アリアケジャパン(2815)の株価上昇のバックグラウンド」

「サイバーエージェント(4751)の現況と将来展望」

「社運賭けた大量出店を成し遂げ飛躍するクスリのアオキ(3549)」

「食品スーパーの買える株、売れる株」

「久々に買いタイミングに来たロック・フィールド(2910)」

「久々に来たプリマハム(2281)の買い場」

「既存店の好調続くサイゼリヤ(7581)」

「既存店の好調続くウエルシアホールディングス(3141)」

「再び到来したニトリホールディングス(9843)の買い場」

「証券会社として独自の道を歩む今村証券(7175)」

「急速に収益率が向上する日用雑貨卸のあらた(2733)」

「ネット恋活・婚活で成長するネットマーケティング(6175)」

「求人難に威力発揮のPALTAC(8283)の省人化物流技術」

「今、日本で一番好調な食品スーパー・ベルク(9974)」

「大相場到来で注目の証券株。今買うべき銘柄はどれか」









【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。




2018-01-14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハローズ(2742)の2018年2月期第3四半期決算

広島の食品スーパー・ハローズ(2742)の2018年2月期第3四半期累計決算は5.8%増収、2.7%営業増益となった。ただし、第3四半期の3カ月のみを取れば6.4%増収、10.3%営業増益と極めて好調であった。

既存店は第1四半期の-0.7%、第2四半期の0.1%に対して第3四半期も-0.4%とほぼ横ばいで推移した。この水準は同社の過去と比較してもやや厳しいが、好景気で食品スーパー全般が苦戦を強いられている中では健闘していると言えよう。

20171229-1.jpg

既存店は必ずしも好調ではなかったが、第3四半期の出店数が前年同期比1店減であったことが増益率の高まった要因と言えよう。もっとも、そうは言っても減価償却費や水道光熱費の上昇がある中、細かい経費コントロールで二ケタ増益を達成したことは、感心するところではある。

足元の状況だけではなく、中長期的に見ても厳しい外部環境の中、食品スーパー内では極めて着実な成長を遂げている会社である。食品スーパー内ではベルク(9974)、ヤオコー(8279)が好調であるが、ある面この2社は日本でも最も可処分所得に余裕のある東京都を取り巻くドーナツ状の地帯に展開しており、その点同社は山陽四国という東京ドーナツ地帯よりよほど消費環境の厳しい中でこれだけの業績を上げている点は立派の一言であろう。

この3社のPERはベルク、ヤオコーが20倍ほどに対して、同社は16.4倍とまさに地域格差を反映した評価の差になっており、それぞれ妥当な範囲と言えよう。よって、各社今後も着実な株価上昇が見込まれよう。

なお、当ブログでは足元の好調さが短期的には株価に反映されやすいと見て、ベルクに注目しているが、これはやや強めの相場を想定しており、逆に相場が弱めな場合は同社が最もリスクが少ないという位置づけになろう。

なお、ベルクに関しての詳細な分析レポートがこちらからダウンロードできます。
http://cherry100.mods.jp/ra/s/1042

20171229-2.jpg

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。
株式関連記事目次

ブログランキングに参加しています。この記事が役に立ったと思った場合は、下のランキングバナーをクリックしてください。


その他サービス業 ブログランキングへ

【無料レポート差し上げます】
これらのレポートは、株価だけを見て、株の売り買いをして、儲かると思っている永遠の負け組の人たちに、株の本当の意味を教えてくれるレポートです。

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「ブランド菓子のビジネスで急成長の寿スピリッツ(2222)」

「当面の相場見通しと今投資すべき銘柄201609」

「受注急拡大の日特エンジニアリング(6145)」

「アリアケジャパン(2815)の株価上昇のバックグラウンド」

「サイバーエージェント(4751)の現況と将来展望」

「社運賭けた大量出店を成し遂げ飛躍するクスリのアオキ(3549)」

「食品スーパーの買える株、売れる株」

「久々に買いタイミングに来たロック・フィールド(2910)」

「久々に来たプリマハム(2281)の買い場」

「既存店の好調続くサイゼリヤ(7581)」

「既存店の好調続くウエルシアホールディングス(3141)」

「再び到来したニトリホールディングス(9843)の買い場」

「証券会社として独自の道を歩む今村証券(7175)」

「急速に収益率が向上する日用雑貨卸のあらた(2733)」

「ネット恋活・婚活で成長するネットマーケティング(6175)」

「求人難に威力発揮のPALTAC(8283)の省人化物流技術」

「今、日本で一番好調な食品スーパー・ベルク(9974)」









【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。




タグキーワード
2017-12-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルク(9974):今、日本で一番好調な食品スーパー

食品スーパーと言えばヤオコー(8279)というほど、ヤオコーは食品スーパー内では別格の経営をしている会社と見られています。しかし、そのヤオコーとほぼ同じ地域で展開するのがベルク(9974)ですが、こちらは知る人ぞ知るという食品スーパーです。

同社はヤオコーより一回り小さいのですが、この10年ほどの利益成長率は実はヤオコーより高いのです。しかもこのところの既存店も実はヤオコーより好調です。ちなみに、この10年間の年平均成長率を見ると、ヤオコーが7.4%であるのに対して、同社は9.4%です。ヤオコーでも10年間で営業利益は2.1倍になっていますが、同社は2.6倍です。

今、好調さでは日本で1、2位を争う食品スーパーが奇しくも同じ地域というのは、決して偶然ではありません。両社は東京都を囲むドーナツ状の地域で展開していますが、ある面この地域は日本でも図抜けて可処分所得が大きい地域と考えられます。

単純に考えれば、東京都に勤めている人が、東京都で家を買った場合と、ドーナツ地域で家を買った場合では、ローン額に雲泥の差が出るものです。それが両社の業績に反映しているというわけです。

あまり実感がないかもしれませんが、今、世の中は好景気で、消費関連の業績は好調です。しかし、食品スーパーは全体的にやや厳しい状況にあります。これはが実は好景気の一つの証拠で、不況期には節約のため極力家で調理をしますが、好況になると、時間が足りないことと懐に余裕ができることから、家庭内調理に代わって外食が好調になります。今はまさにそんな時期です。

しかし、この両社は相変わらず既存店が好調で、業績も好調です。バリュエーションはほぼ同程度ですが、成長性の高さから同社が注目されます。

なお、詳細な内容はこちらからご覧になれます。
http://cherry100.mods.jp/ra/s/1043

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。
株式関連記事目次

ブログランキングに参加しています。この記事が役に立ったと思った場合は、下のランキングバナーをクリックしてください。


その他サービス業 ブログランキングへ

【無料レポート差し上げます】
これらのレポートは、株価だけを見て、株の売り買いをして、儲かると思っている永遠の負け組の人たちに、株の本当の意味を教えてくれるレポートです。

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「ブランド菓子のビジネスで急成長の寿スピリッツ(2222)」

「当面の相場見通しと今投資すべき銘柄201609」

「受注急拡大の日特エンジニアリング(6145)」

「アリアケジャパン(2815)の株価上昇のバックグラウンド」

「サイバーエージェント(4751)の現況と将来展望」

「社運賭けた大量出店を成し遂げ飛躍するクスリのアオキ(3549)」

「食品スーパーの買える株、売れる株」

「久々に買いタイミングに来たロック・フィールド(2910)」

「久々に来たプリマハム(2281)の買い場」

「既存店の好調続くサイゼリヤ(7581)」

「既存店の好調続くウエルシアホールディングス(3141)」

「再び到来したニトリホールディングス(9843)の買い場」

「証券会社として独自の道を歩む今村証券(7175)」

「急速に収益率が向上する日用雑貨卸のあらた(2733)」

「ネット恋活・婚活で成長するネットマーケティング(6175)」

「求人難に威力発揮のPALTAC(8283)の省人化物流技術」

「今、日本で一番好調な食品スーパー・ベルク(9974)」









【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。



タグキーワード
2017-12-22 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © 卸売業を深く知るためのサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート