卸売業とは - 卸売業を深く知るためのサイト

卸売業とは

まずは、卸売業の定義です。

「卸売りとは、メーカー、もしくは市場から商品を仕入れ、小売業に商品を販売する業態である。」

これはおそらく多くの人は異論がないと思います。

これが、卸売業と小売業の違いです。

しかし、一般的には、商品流通の過程において、中間で利鞘を稼ぐ業態となるため、末端価格を押し上げる要素と見られています。

そのため、大手メーカーと大手小売業が直接取引したほうが効率的であるという議論が昔からあります。

米国やイギリスなど消費先進国ではそのような姿になっていますが、日本ではまだまだ多くの卸売業が活躍しています。

そのため、いまだに卸不要論が亡霊のようにさまよっているのが、日本です。

そんな一般的な見方に対して、このブログでは真っ向から反論して行きたいと思います。

タグキーワード
2012-05-21 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 卸売業を深く知るためのサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート