卸売業と小売業の違いとは? - 卸売業を深く知るためのサイト

卸売業と小売業の違いとは?

卸売業と小売業の違いは何か?

流通業界の人から見れば、こんな常識的なことも、世の中では本気でわからない人が多いのです。
それほど卸売業という存在は世の中に知られていないものなのでしょう。

さて、卸売業と小売業の最大の違いは、顧客の違いです。
卸売業の顧客は業者であり、小売業の顧客は消費者であることが、最大の違いです。
ただし、卸売業の顧客は小売業だけとは限らず、いろいろな業種があります。
典型的には、業務用食材卸という卸売業者の顧客は外食産業になります。

一方、仕入れ先は同じようなところから仕入れることもあります。
例えば、卸売業も小売業も卸売業から仕入れることもあれば、メーカーから仕入れることもあります。

つまり、消費者は普段、卸売業と接することがないので、卸売業のことがわかりにくいのです。

業務用食材卸の場合、顧客が外食産業で、外食産業は食材を仕入れて、調理して販売します。
この関係では、卸売業が外食産業に販売するのは食材で、外食産業が消費者に販売するのは料理ですから、あまり考え違いされることはありません。

しかし、加工食品卸売業が小売業に販売するのは加工食品で、小売業が消費者に販売するのも加工食品で、両者とも販売するのは同じ商品です。
そのため、何となく間にいる卸売業は必要ないのではないかと思われています。


ところが、日本のようにメーカー数も小売業数も多い場合、メーカーと小売業が直接取引すると、配送の経路数だけでもものすごく無駄になります。

20120528流通経路.png


メーカー数も小売業数も多いことが無駄だという人もいますが、それが自由競争の結果であれば、無駄だということ自体が無意味です。

また、国民が常に隣近所で、しかも豊富な品ぞろえがある店で買い物ができることは、それこそ理想なのではないでしょうか。

アメリカのように近くても車で30分、1時間行かないと本格的なスーパーがなく、しかも広いくせに品揃えが少ないのは果たして、進んだ姿なのでしょうか。

さて、卸売業の機能が高水準であったため、日本では海外流通先進国のように大手スーパーの寡占化が進まなかったという観点から、著書を上梓しました。
「日本の問屋は永遠なり」です。
こちらから書籍詳細をご覧下さい。
http://cherry100.mods.jp/ra/s/742
日本の卸売業の存在意義もよくわかります。
世間で一般的に考えられていることとは全く違う結論です。

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。
株式関連記事目次


その他サービス業 ブログランキングへ

【無料レポート差し上げます】

レポートの詳細はこちらをご覧ください。
「さくらインターネット(3778)の実力(31ページ)」

「トリドール(3397)復活の背景 (31ページ)」

「加工食品卸売業と加藤産業(9869)」

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

『王将フードサービス(9936)』

「サイゼリヤ(7581)―業績動向と投資タイミング―」

「トマトブームとカゴメ(2811)の現状」

「いよいよスマホ広告が拡大し始めた。」


「コスモス薬品(3349)の秘密」

「ヤオコー(8279)の強さの秘密」

「アベノミクスで注目のサンマルクホールディングス(3395)」

「投資タイミングに来た一六堂(3366)」

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「NEXT(2120)の投資タイミング」

「ファンコミュニケーションズ(2461)の業績と株価の行方」

「内需拡大で飛躍が期待されるロック・フィールド(2910)」

「アベノミクスで飛躍が期待される物語コーポレーション(3097)」

「アリアケジャパン(2815)の研究」

「躍進するプリマハム(2281)」

「サイバーエージェント(4751):はっきりと確認されたスマホの収益化」

「日特エンジニアリング(6145):見え始めた受注拡大」

「フォトクリエイト(6075)のビジネスモデル」

「NISAで脚光浴びる伊藤園(2593)優先株の本質的価値」








【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。



タグキーワード
2012-05-28 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
改めて説明されると頭のなかを整理することができありがたいです
Posted by at 2014.02.11 02:07
(返信)
コメントありがとうございます。
日本では「間に何かあるから非効率」ということで議論が進んでいるのが残念です。
Posted by 有賀 at 2014.02.11 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 卸売業を深く知るためのサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート