食品関連市場のニュートレンドと企業の盛衰(第1回) - 卸売業を深く知るためのサイト

食品関連市場のニュートレンドと企業の盛衰(第1回)

下図はH&Lリサーチで作成した小売業、外食産業を主要顧客とする上場卸売業の経常利益推移を示したものである。2012年度で20社が対象企業となる。時系列の整合性に注意を払いつつ、重要性を鑑みて連結決算を採用している企業もある。

2000年代半ばにメーカーのコストアップにより悪化した卸売業の業績は、2009年度から2011年度に大きく改善し過去最高益を更新した。これはここ30数年間のパターン通りの展開であり、卸売業の存在感が高まっている我が国食品流通構造から考えると読み通りと言えよう。

しかし、その後ここ1年ほどで若干ここまでの好調さに変調が見られる。もちろん、短期間の変調であればこれまでも見られたわけであり、それほど危惧する必要はなかろう。しかし、今回は特に小売市場の競争構造の変化を伴ったものであり、従来の延長線上では考えられない局面に差し掛かっているようにも感じる。

20131014-1.jpg

そこで、「食品関連市場のニュートレンドと企業の盛衰―マーケットトレンドとメーカー、卸の取るべき戦略―」として、しばらくシリーズで記事を掲載してみたいと思う。

1990年代を境にした大店法緩和時代に我が国の食品流通市場の覇権構造は大きく変わり、卸売業を核とした日本独特の効率的、競争的な市場がこの20年間で形成された。これは加工食品卸売業を中心として、GMS、ディスカウンターなどの衰退と地域密着型の中堅スーパーやコンビニエンスの隆盛をもたらした。

そして、業態間競争に決着がつく中で、次に起こっているのが業態内での優勝劣敗の明確化と、各業態から生き残り業態への算入ではなかろうか。コンビニエンスでは上位3社の出店攻勢が始まり、中堅スーパーではグループ化の動きが加速し、GMSによる食品スーパーの強化などがその典型である。

そして、それに対抗するように、卸売業は合従連衡の傾向を強め始めた。これは小売業の寡占化に対応する面と、フルライン化への対応が主目的である。

「流通革命」刊行以降の50年間の我が国食品流通市場の変遷とその構造論に関しては、昨年5月発刊の弊著「日本の問屋は永遠なり」(アバン札幌、大竹慎一氏との共著)で詳細に述べた。本書がいわば日本における流通革命の勝者を論じるものであるとすれば、現在起こっている変化はポスト流通革命という変化であろう。
なお、「日本の問屋は永遠なり」の詳細はこちらをご覧ください。
http://cherry100.mods.jp/ra/s/495

次回はまず、このところの加工食品卸売業の業績変化の中身について述べることにする。

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。
株式関連記事目次

ブログランキングに参加しています。この記事が役に立ったと思った場合は、下のランキングバナーをクリックしてください。


その他サービス業 ブログランキングへ

【無料レポート差し上げます】

レポートの詳細はこちらをご覧ください。
「さくらインターネット(3778)の実力(31ページ)」

「トリドール(3397)復活の背景 (31ページ)」

「加工食品卸売業と加藤産業(9869)」

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

『王将フードサービス(9936)』

「サイゼリヤ(7581)―業績動向と投資タイミング―」

「トマトブームとカゴメ(2811)の現状」

「いよいよスマホ広告が拡大し始めた。」


「コスモス薬品(3349)の秘密」

「伊藤園(2593)のポテンシャルと優先株の魅力」

「ヤオコー(8279)の強さの秘密」

「アベノミクスで注目のサンマルクホールディングス(3395)」

「投資タイミングに来た一六堂(3366)」

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「NEXT(2120)の投資タイミング」

「ファンコミュニケーションズ(2461)の業績と株価の行方」

「内需拡大で飛躍が期待されるロック・フィールド(2910)」

「サイバーエージェント(4751):いよいよ秒読み態勢に入ったスマホの収益化」

「アベノミクスで飛躍が期待される物語コーポレーション(3097)」

「アリアケジャパン(2815)の研究」

「躍進するプリマハム(2281)」







【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。題名にはアフィリエイトとありますが、現在はほぼ100%株式投資に特化しています。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。



タグキーワード
2013-10-14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 卸売業を深く知るためのサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート