ヤオコー(8279)の2015年3月期決算はまたまた絶好調、要注目 - 卸売業を深く知るためのサイト

ヤオコー(8279)の2015年3月期決算はまたまた絶好調、要注目

5月11日にヤオコー(8279)が2015年3月期決算を公表したので、それについて述べる。

2015年3月期決算は12.1%増収、12.3%営業増益となり、期初計画をそれぞれ増額修正した第2四半期決算公表時点の会社計画を大きく上回った。もっとも第3四半期までの累計営業利益は17.7%増益であり、自然体で決算を行えば増額修正は当然のことであった。

ただし、同社の場合、前倒しで計画達成し、大きく上回りそうな場合には、前倒し的に経費を投入する傾向がある。今回も第4四半期のみを取れば、10.2%増収、44.8%営業減益とそれまでのトレンドとは異なった数値となっており、何らかの前倒し的経費を投入したものと推測される。

20150512-1.jpg

しかし、そのような余裕の決算を行えるほど調子がいいということであり、安心して投資できるという面がある。その結果として、同社は終わった期で26期連続増収増益を達成している。

同時に公表した2016年3月期決算は7.8%増収、8.4%営業増益の計画である。ただし、同社は前期まで連結決算を行っていたが、連結対象の子会社と合併したことで、今期から非連結決算となっている。

また、今回前期を起点とした3か年の中期経営計画も公表している。それによると2018年3月期に売上高3,400億円、経常利益145億円となっているが、これは今期予想を起点に年率5.6%増益の計画である。

同社は過去10年間で年率8.9%の営業増益を達成してきた。それと比較すると極めて控えめな計画ではあるが、同社ではこれまでも計画は控えめで、3か年計画を1年、2年で達成することもしばしばあるので、その程度の見方をしておくといいであろう。

消費税増税前と以降を比較すると、各小売小売りセクターの中でも同社のような地域食品スーパーは健闘しており、同社も含めむしろ消費税増税以降のほうが好調な企業もある。この辺りはコンビニや大手総合スーパーとは対照的である。

対大手スーパーではこの20年間勝ち続けているが、対コンビニという面ではむしろ消費税増税が食品スーパーには追い風となっている。これは生活防衛意識が便利だが高価格の印象があるコンビニより食品スーパーを選好しているということであろう。

そのため、最近は食品スーパーの経営者が自信を持ち始めているという話である。実は食品スーパーの中にはこの20数年間、大手総合スーパーの不振をしり目に好調な企業が多い。しかし、何故好調なのかを理解できる人が少なく、株式市場でもそれほど高い評価を受けてきたわけではない。それゆえ、同社の今期予想PERも19.6倍と極めてリーゾナブルである。

むしろ、ここ2年半の株式市場の上昇で割安感さえある。それゆえ、企業業績全般がやや伸び悩み傾向にある中で、食品スーパーが注目される可能性は高いのではなかろうか。そうなるとその中心はやはり同社であろう。さらに、他の食品スーパーも注目される可能性が高い。

とはいうものの、食品スーパーは玉石混交であり、玉を選ばなければ投資する意味はない。同社よりやや小ぶりだが、同社並みの成長性があり、収益性も高いにもかかわらず、規模がやや小さいためPERも20-30%下の会社などは、今後有望な銘柄と考えられる。
当ブログでは、そんな銘柄をマル秘レポートで紹介している。
マル秘銘柄のお申し込みはこちらからどうぞ(有料)。
http://cherry100.mods.jp/ra/s/857
ヤオコー並みの成長率で、ヤオコー以上の利益率、低PERのA社
レポート請求番号:maruhi-20150415
ヤオコー並みの成長率で、収益性は若干下回る地方企業のB社
レポート請求番号:maruhi-20150430

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。
株式関連記事目次


その他サービス業 ブログランキングへ

【無料レポート差し上げます】
これらのレポートは、株価だけを見て、株の売り買いをして、儲かると思っている永遠の負け組の人たちに、株の本当の意味を教えてくれるレポートです。

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「フォトクリエイト(6075)のビジネスモデル」

「クスリのアオキ(3398)の業績動向と株価の行方」

「投資タイミングに来た伊藤園優先株(25935)」

「停滞期抜け出すサンマルクホールディングス(3395)」

「着実に成長軌道に乗るアリアケジャパン(2815)」

「躍進する外食企業フジオフードシステム(2752)」

「物語コーポレーション(3097)の当面の業績と株価動向」

「変貌するプリマハム(2281)の強さの秘密」

「業績が劇的に改善する神戸物産(3038)」

「急速に存在感増すヤオコー(8279)の実力」

「メーカーの値上げで注目される加工食品卸売業」

「ディフェンシブ性が注目される食品株における亀田製菓(2220)の位置づけ」

「日特エンジニアリング(6145)に対する投資スタンス」

「今話題のROE(自己資本利益率)とPERによる銘柄選択法」

「ソフト力で圧倒するホシザキ電機(6465)」

「回復の足音が聴こえ始めた加藤産業(9869)」

「依然業績好調なトリドール(3397)」

「本格拡大に転じたさくらインターネット(3778)」

「改めて見直すニトリホールディングス(9843)の価値」

「久々に見直された大黒天物産(2791)の業績と株価の行方」

「柿安本店(2294)の業績動向と投資タイミング」

「サイバーエージェント(4751)の決算内容と株価の先行き」









【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。



タグキーワード
2015-05-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 卸売業を深く知るためのサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート