ニトリホールディングス(9843)の2016年11月の月次データ - 卸売業を深く知るためのサイト

ニトリホールディングス(9843)の2016年11月の月次データ

11月22日に公表されたニトリホールディングス(9843)の11月の既存店月次(20日締め)は18.7%増と、6月の19.9%増以来の高水準となった。6月以来、7月はそこそこの水準であったが、8-10月とかなり低迷していた。

20161124-1.jpg

同社は小売業の中でも土日祝日日数の違いを大きく受ける業態である。ただし、8月、9月はその影響を考慮してもオリンピックや天候不順で極めて厳しかった。ただし、10月は3.0%減と今年の最低であったものの、土日が2日少なく6.5%のマイナス影響があったと述べており、実質は3.5%増と回復していた。

それに対して11月は逆に土日祝日が2日多かったのであるが、その影響度は開示されていない。そこで、10月の反対で6.5%ptのプラス効果としても実質で12.2%増となる。これも6月の14.9%増以来の水準である。

同社によると、「11月度は、気温の低下とともに、吸湿発熱素材を使用した秋冬の高機能商品「Nウォーム」シリーズが寝具・寝装品・ラグを中心に大きく売上を牽引したほか、コタツ関連商品の販売が好調に推移いたしました。家具では、自社開発商品のマットレス「Nスリープ」シリーズやソファ「Nポケット」シリーズが順調に売上を伸ばしております。」ということである。

確かに11月になって急に気温が低下した効果は大きいのであろうが、それにしても同社は月ごとの既存店伸び率には大きなばらつきがある。もっとも、悪い月でも曜日調整した実質で前年比横ばいを確保しており、好条件がそろった月は2けたも伸びるということであるから、以下に同社が好調かは容易に想像がつこう。

なお、12月22日に第3四半期決算の公表を予定しているが、おそらく同時に12月の月次も公表されよう。12月は逆に土日祝日は2日少ないため、見かけ上は厳しい数字となるのかもしれない。

なお、当ブログでは恒常的に同社株を中長期の注目企業としており、今回も改めて同社の強さを認識したことで強気スタンスを継続する。

なお、世の中の多くの人は、同社を家具の会社と思っており、家具市場は縮小しているので、同社の成長は続かないと考えている人が多い。しかし、実質的に同社はすでに家具だけの会社ではなくなっており、けん引車もすでに家具以外が主役である。それゆえ、いつまでも割高になりにくく、継続保有に適した株である。

なお、同社の本質を詳細に分析したレポートはこちらから入手できる。
投資レポート『株式投資のための企業研究「ニトリホールディングス(9843)の強さの本質とは?」』
http://cherry100.mods.jp/ra/s/954

当ブログの株式に関する記述は、投資の勧誘を目的としたものではありません。情報の内容も私の観測であり、不確定要素を多く含みます。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社では一切の責任を負いません。投資判断はすべて自己責任にてお願い致します。

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。
株式関連記事目次

ブログランキングに参加しています。この記事が役に立ったと思った場合は、下のランキングバナーをクリックしてください。


その他サービス業 ブログランキングへ

【無料レポート差し上げます】
これらのレポートは、株価だけを見て、株の売り買いをして、儲かると思っている永遠の負け組の人たちに、株の本当の意味を教えてくれるレポートです。

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「勢いよく回復に転じた三菱食品(7451)」

「原油安メリットで見方一変のアークス(9948)」

「ブランド菓子のビジネスで急成長の寿スピリッツ(2222)」

「想定以上に海外収益が拡大するアリアケジャパン(2815)」

「自動運転で注目の日特エンジニアリング(6145)」

「再び割安圏に来たクスリのアオキ(3398)」

「当面の相場見通しと今投資すべき銘柄201609」

「いよいよ本格上昇の気配感じるプリマハム(2281)」

「ニトリホールディングス(9843)の強さの本質とは?」

「GMS衰退の陰で着実な成長を遂げる食品スーパー」









【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

また、食品中心に卸売業、メーカー、小売業の業界情報なども取り上げます。

申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。
メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト)。



タグキーワード
2016-11-24 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 卸売業を深く知るためのサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート